ガリ版とは


 ガリ版は正式には謄写版(とうしゃばん)と言い、1894年(明治27年)、滋賀県東近江市蒲生岡本町出身の堀井新治郎父子が簡単便利な印刷器として発明、発売しました。

 

 和紙にパラフィン等を塗ったロウ原紙と呼ばれる原紙をやすりの上にのせ、「鉄筆」という先端が鉄でできたペンで文字や絵をかきます(この作業を「原紙を切る」と言います)。この部分は紙のロウがけずれ落ちて細かい孔がたくさん開き、「透かし」となります。木枠に原紙を張り、原紙の上にインクを塗り、下に紙をおいて、上からローラーで押さえると、「透かし」部分の文字や絵の部分だけインクが通過し、印刷されるしくみです。

 

 「ガリ版」の呼称は原紙を切る作業中に生じる音から来ています。非常に簡易な印刷装置で、小型のものは手で持ち運ぶこともでき、原紙とインクさえあれば、電気などがなくても印刷が可能であるのが特徴です。このため、日本では小学校で副教材や問題用紙の印刷などに多く使われ、戦地でも活用されました。また、政府非公認組織がビラなどを作成するためにも多く使われました。複数のインクと版を利用してカラー印刷を行うことも可能でした。高い技術を持つ書き手の手にかかると、非常に美しい多色印刷物を作ることもできました。 その手軽さから小部数の出版にも多く活用され、1950~1980年代には演劇や映画・テレビ番組の台本、楽譜、文芸同人誌など「ガリ版文化」と呼ぶべき一時代が築かれました。

 

 特に日本や中国で多く使われた理由は、これらの国では文字の数が数千から数万種類あり、すべての種類の活字を活版印刷用にそろえるのが困難だったためです。1970年代ごろからは、「ボールペン原紙」や「ファックス原紙」に移行し、印刷機も輪転機となっていきましたが、それらも1985年ごろを境に、リソグラフ等の簡易印刷機の出現や電子複写機のコストの低下により、日本ではほとんど使われなくなりました。しかし、一部の美術家や愛好家、海外で使用されており、百年にわたるガリ版の灯が守られているのです。また、ガリ版を若い世代が新しい文化・芸術として使用する人が増えてきています。