テスト投稿

 夜、田んぼの中の道を通っていると、まるで両側が川になっているように見えることがあって、びっくりします。あっという間に暑くなりましたね。

 

 ここのところ、ガリ版伝承館では主に資料の整理をしています。ガリ版伝承館には明治ごろの作品もありますが、戦後から平成にかけての新しい資料や作品の寄付も受けており、ダンボール箱で十数個送られて来る…なんてことも。版画の性質上、同じ版の作品が多くあるため、そんな量になってしまうのです。

 

 ガリ版は、簡易印刷として「誰にでも・多くの人々に」伝えることができるメディアのはしりであり、高度な技術に支えられた美術版画としての作品も生み出してきました。その両方がガリ版のおもしろさなのかもしれません。